これからの時代を踏まえた医師の転職

ロゴ
トップページ
<エキスパートになる人材>
医師というのは、いつの時代もニーズがある職業で、景気の良しあしにも関わらず、いつでも仕事があります。 不況が長引くと会社は倒産することがありますが、不況だからといって病気やケガになる患者が減るわけではありません。 もっとも、どの分野に進むかによって将来性の有無に多少は影響します。 たとえば、歯科医師の場合、歯科クリニックの数はコンビニ以上ともいわれ、独立開業の道は飽和状態といえるかもしれません。 そのため、患者を待っているだけでは経営は上手くいかなくなり、外出が困難な高齢者や要介護者の自宅や介護施設に巡回する、訪問歯科の事業へと乗り出すケースが増えています。 今、日本は極めて深刻な少子高齢化社会となっています。 そこで、歯科クリニックに限らず、あらゆる業種でも海外に市場を見出したり、高齢者ビジネスに新たな活路を見出したり、少子化対策を支援するママや子供向けのビジネスに進出する企業が増えています。 こうした流れは、医師においても同じではないでしょうか。 どの診療分野でも医師転職が絶えることはないにせよ、特に将来性が高いのが高齢者向けの医療や介護分野、そして、不妊治療や産科医療、小児医療の分野といえるかもしれません。 特に高齢者医療の問題は深刻です。 単なる生活習慣病などの病気の治療では片付かない、老人性鬱や認知症など高齢者特有の病気の治療法はまだまだ確立されていません。 高齢者医療の分野に転職して、早くから多くの症例を積み、エキスパートになる人材になってみるのもいいかもしれません。

<医師と看護師の対立が激しい職場からの転職>
誰でも医師になる時はそれなりの希望を持って勉強をしているはずです。 しかし、働く環境が悪いと、希望はいつしか絶望に変わり、モチベーションが続かないことが多くなってしまいます。 私の元職場は医師と看護師の対立が激しく、医療現場としては最悪の環境でした。 このままでは患者さんのためになる医療はできないと判断したのが医師転職のポイントとなりました。 しかし、日々の仕事は膨大で、精神的な疲れもあり、新たな職場をリサーチする気力はありませんでした。 安易に転職をして劣悪な環境に身を置いたら、また同じことを繰り返すだけだと思いました。 ここは思い切って、人の力を借りてみようと思い立ちました。 インターネットで検索してみると、専任コンサルタントがつく転職サイトにたどり着きました。 今までの職歴と希望する条件から、ベストな職場をピックアップしてくれるサービスが付随していました。 インターネット上だけのやり取りだったら、良い職場には巡り合えなかったかもしれません。 私が利用したサイトでは、きっちりと面談を行ってから細かい条件をピックアップし、新たな職場探しをしてもらえました。 自分では絶対に探せないはずの非公開求人からの紹介をしてもらえるので、より希望に近くなったのがありがたかったです。 秘密厳守での活動ができたのも非常に助かりました。 狭い世界ですから、名が知られたら職場でもすぐにうわさになります。 サイトによって差があるかどうかは分かりませんが、しっかりとチェックをしてから活動した方がいいかもしれません。


Copyright(c) これからの時代を踏まえた医師の転職. All right reserved.